「詩の部屋」について 

ギャラリーに展示した川上 和弘さんと篠原 豪さんは、「徳島病院筋ジストロフィー症者文芸部」にも属し、2,3年おきに出版される詩集「青春の架け橋」に、多くの作品を発表しました。ここではこの2人は共に、1973年の生まれ、1982年に徳島病院にデュシェンヌ型筋ジストロフィーで入院しました。2人は、画風もずいぶん違いますが、詩の表現も対照的です。ここでは彼らが10代から20代前半(1987年 −1996年)の詩を掲載しました。